ヘヴンリーと一緒に行く。

引っ越してからはバスを利用することが多くなりました。
路線図や経路をいろいろ調べて乗ってみては「あら、こんなとこ通るんだぁ」などなど、車窓の景色を楽しんでいます。

DSCN1887.jpg
夜のバス。
遠くて知らない場所へ連れて行ってくれそうな、ワクワク感と孤独感の2本立て。
昔のバスはもっと車内の照明が暗くって、外の明かりも少なくて、もっともっと異世界への入口っぽかった。

DSCN1890.jpg
この日、ヘヴンリーをお供に出掛けた先は、毎年恒例の ミュンヘンクリスマス市
そしてこれも毎年恒例でしょうか・・・雪に降られました。ヘヴンリーのお写真は撮れず。残念。
きりきらイルミネーションと賑わいを楽しんできました。

DSCN1898.jpg
今日は思い立ってJRで小樽へ。
電車の窓から雪山が見えます。

DSCN1899.jpg
祝日なのになぜか電車はほぼ貸し切り状態♪
ヘヴンリーもお座り。

小樽は観光地なのでお土産屋さんとかを見て回るのも好きですが、坂の町・港町でもあるので、
地形や建物が魅力的で(わたしにとって)度々出かけたくなるのです。

DSCN1900.jpg
今日も、てきとーに坂道をぷらぷら登って行きました。
年月を経て素敵に熟成した塀(?)の前で。

DSCN1901.jpg
登ったら降りなくてはね。
この坂を降りたら何処へ出るかはもちろん知りませんが、それでいいのです。それも楽しいのです。

実はこの坂「11月25日から冬期間通行止め」の看板が出てました。車両がね。
急カーブで日陰で滑って危険だから、たぶん。

画像の先はもっと急こう配の坂でした。
氷でツルツル滑る道を、ガードレールにつかまりながら歩いて降りてきましたよ。
ころばなくて良かった。




☆クリック♪ ありがとうございます!
   ↓


にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments 2

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015-12-26 (Sat) 18:18 | EDIT | REPLY |   

marrino

Re: No title

ロ・・様
そうでしたか、お母様の。
かま栄のかまぼこ、わたしも好きですよ。
小樽に行った時は、たまあに買って帰ることもありますよ。^^

2016-01-06 (Wed) 00:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply